NEWS COLUMN
ニュース コラム
TOP > ニュース コラム > お知らせ > 婚約指輪(エンゲージリング)ってそもそも必要?

婚約指輪(エンゲージリング)ってそもそも必要?

婚約指輪(エンゲージリング)はプロポーズを受け入れ、婚約が決まったことの証に贈られる指輪ですが、結婚すれば結婚指輪を着けるようになります。婚約してすぐに結婚を予定している方や、今後の生活のために予算の使い方を考えたい方からすると、婚約指輪は必要なのか疑問に思われるかもしれません。

現在、結婚というかたちにこだわらないカップルも増え、結婚や婚約への考えが多様化してきています。婚約指輪に対して憧れを持っている女性が多くいる一方で、特に必要ないと考える方もいらっしゃいます。
しかし、そうしたなかでも婚約指輪に憧れる女性は多くいます。
婚約をする際に婚約指輪が絶対に必要というわけではありませんが、相手への愛の証であり、婚約指輪を贈ることによってプロポーズが口約束ではないという真剣な気持ちを伝えることができます。

婚約指輪を購入するかどうかはおふたりの気持ち次第ですが、結婚について真剣に考え、責任を持とうとしていることが伝わる大切な贈り物です。また、女性が婚約指輪を身に着けていると、周囲にも婚約していることがわかり、結婚へのステップが進めやすくなるでしょう。

婚約指輪は結婚を控えたふたりの愛を証明するものです。ふたりの結婚への意思をかたどったものであり、共通の財産として価値のあるものでもあります。ダイヤモンドをあしらった婚約指輪は、あせることのない美しさで、永遠の愛をかたち作ってくれます。婚約指輪が本来持つ意味を理解されてから婚約指輪を身に着けると、指輪がよりいっそう身近で大切な存在となることでしょう。

婚約指輪は必ずしも用意しなければならないものではありませんが、お互いの意見を尊重しつつ、必要かどうかをふたりで考え、納得のいく答えを見つけてください。

https://bridal.yukizaki.co.jp/l/1/

back to the list

CAMPAIGN & BRIDAL FAIR